【Stellaris】犯罪シンジケートプレイ記3

2348年。ゲームも中盤に差し掛かってきました。

イベントが起こりIrass星系という星系を近場で発見。ガス+8、鉱物+11、合金+8、エネルギー+3、交易価値+3、物理研究+16、社会研究+16、工学研究+16という神っぷりです。

惑星経営の見直し

帝国が拡大してきて資源の生産量が消費量を圧迫してきたので効率的な惑星経営をするために内政を見直すことにしました。企業体は帝国規模にかかるペナルティが50%増えるんですがあまり考えずに拡大させてきたツケですかね。

失業者がいれば人口タブから専門職か労働者かチェック。その惑星で職がつくれないなら職のないところへ強制移住させます。

職業に事務職が多すぎる場合はマイナスボタンを押して職につける数を制限して、他の労働職に就かせます。

運航プラントなど建造物には惑星の生産量にボーナスを与える施設が多いのと、生産資源を特化させると例えば農業なら農耕惑星という特性がついて生産ボーナスが付くのでなるべく生産するものは特化させたほうが効率が良くなります。

発電区画が多い惑星はエネルギー特化、鉱業区画が多い惑星は鉱物生産特化、農業区画が多い惑星は農業生産特化に。首都惑星セクターは研究特化。区画数が少ない惑星は合金や消費財、戦略資源の生産、統合力出力に振り向けます。特に鉱物は足りなくなるので鉱業区画は最大限に活かします。

気象修復という惑星をテラフォーミングする技術を得たので居住に適さない死の惑星(居住性10%、アメニティや食糧コストが90%増す)に入植。早速帝国の主要種族が住めるようにサバンナ型惑星へ改造を始めます。惑星サイズが23なのでテラフォーミングすればかなりの出力を出してくれるはず。ただテラフォーミングにはめちゃくちゃ時間がかかるようです。

入植して気付きました。POPの増加は普通にするのでPOPが増える前に強制移住させてしまえば労働者が補給できる惑星として使えるということに!

他社の支社を見てみると、35.1エネルギーとすごい利益がでていました。早々に建てておくと生産量が徐々に増えていくので犯罪シンジケートでない企業体ならば安定して収入を増やしていけそうです。

ちなみに犯罪シンジケートの場合は犯罪レベルが高まるほど支社価値が上がって収入が増えるので、犯罪増加度の高い企業建造物を優先して建てていくといいかもしれません。

新たな侵略戦争へ。

研究も進み、ようやく巡洋艦の建設が可能になりました。陽子投射機という追尾性能0だがレンジ130という長距離の強力兵器を新たに搭載。その他ガンマ線レーザーにプラズマ加速砲、レベル4のシールドという現時点で最新鋭の構成。回避性能が低いので遠距離から攻撃に加わります。

右に位置する弱小帝国へ侵攻。初戦12.1k対5.4k。時代も進んでどの国も戦力が上がってきたようで。

戦力が2倍というだけで戦局はこちらが圧倒的に有利な展開に。装備もこちらの方が優れていました。与えたダメージ比は6:1という結果でした。

ひとまず戦争に勝利。

巨大構造物の建設開始

5年以上かかってメガエンジニアリングの研究が完了。

メガエンジニアリングで巨大構造物を建てると最終的には一ヶ月で産み出すエネルギー+1000、鉱物+1000など莫大な効果が得られます。

統合力を生み出す巨大芸術体験施設を建てる事にしました。アセンションツリーを早めにとりたいので。

まずは影響力300、合金5000で建設予定地を建てます。

建ったら合金15000を消費して黎明期→成熟期→施設完成と段々アップグレードさせていくんですが、毎月産み出す統合力が125増加します。今生み出している数値が428なので大幅に増える事になります。

ただ、完成まで10年以上かかってしまうのですが。

首都惑星で薬物乱用の増加が発生。政策でドラッグの使用をする政策は選んでいないはずですが、犯罪シンジケートが治める惑星だからしょうがないか。

職業による資源生産量が20%低下が10年は痛いです。

2363年。突如大ハーンという謎の首領に率いられた大艦隊がやってくるという知らせを受ける。

頭が完全にイナゴなんですが、イナゴが通った跡には草も生えないらしいですねえ・・。

あっという間に一つの帝国が呑み込まれてしまいました。恐るべし。

それに伴って計20POP以上の大量の難民が続々我が帝国にやってきました。

ようこそ犯罪シンジケートへ!

さらなる帝国の拡大を目指す

大ハーンとは離れているので引き続き銀河右上方向への拡大を目指します。壊れたメガストラクチャーを勢力圏に収めようというのが主な目的です。侵攻する国とはもともと防衛同盟を結んでいたのですが軍事力はこちらの方が大きいし、影響力月間出力が防衛同盟を結んでいると1マイナスされてしまうので防衛同盟を結ぶメリットがなくなっていたということもあります。

相手もバカではなく、新たに同盟を結んだ右下の人工知能国家に挟まれる形になってしまいました。

まずは右下から来る敵の主力軍を待ち構えてこちらの主力で全力で叩きました。各個撃破なら余裕です。

今度は右上から敵艦隊が。侵攻軍1008で防衛軍207のいる惑星が簡単に攻略されてしまった。侵攻軍の数が多すぎぃ!

自動的に遺伝子を改変して新種族が生まれた。新しい種族はほとんどの惑星に適応して住めるようになっているようだ。なにそれすごい。

相手もコルベット26隻、駆逐艦15隻、巡洋艦7隻と揃えてきており戦力7000ほどありましたがダメージレートではこちらが優勢。

陽子投射機、プラズマ砲、ガンマ線レーザーがそれぞれ一万以上のダメージを与えておりかなり有効だったようです。

ん?

これは・・・大ハーンの勢力!なんでこんなところに!?

戦いに連勝続きでこのまま制圧完了かと思われたそのとき、何故か子会社の上に大ハーンの勢力が。

ワープホールを通じてきたということなのか。子会社が軍勢一万越えの艦隊に食い荒らされていく・・。

戦争中になんて間が悪いんだ。秀吉の中国大返し並の勢いで国境星系基地へ急ぐ。

でも大ハーンの艦隊は子会社の2星系ほど潰してからほどなくして帰っていきました。ふう、ひとまず脅威は去ったのか?

大ハーンにかき回されましたが、侵略戦争に勝利。敵対帝国の真ん中を分断してます。

巨大構造物の”荒廃したダイソンスフィア”を手中に収めた。合金2万使って修理すればエネルギー月間生産量+1000という莫大な収入が得られます。ロマンですなぁ。

巨大芸術体験施設建設予定地も建設が終わりました。次は合金15000貯めないとなぁ。

国是ポイントが溜まったので政府を改革。犯罪の系譜という国是は変えられないが、新たに”ブランドへの信頼”(月間統合力+15%)、”民間軍事会社”(地上軍ダメージ20%増、維持費20%減)という国是を採用。

しかしHantak Hordeはどこまで拡大していくのだろうか。

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

    1. 初コメント有難うございます!Stellarisは久しぶりですが楽しいですね。一応クリア目指して書いていきますので良かったら見ていって下さい^^

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)